服をゴミに出すのはもったいない

服を売る時の注意点

お店にいらない服を持って行く前に、状態を確認してください。
汚れが目立っている場合は、洗濯することをおすすめします。
綺麗な状態になった服を、持って行きましょう。
汚い服はお店で買取って商品にしても、なかなか買い手が見つかりません。
ずっと売れ残るので、価値が低いと判断されます。
高額で服を売る際は、価値が高いと思わせないといけません。

服の価値に、外見が大きく関わっています。
洗濯機を回すのが面倒だったら、簡単にホコリを取るだけでも構いません。
時間が無くて、洗濯できない時もあるでしょう。
それでもホコリがたくさん付いている状態と、綺麗にホコリを取った時とでは査定金額が大きく異なります。
服の隅々までチェックしましょう。

壊れている部分を修復しよう

少し壊れている程度だったら、修復できるかもしれません。
壊れたままにして、服を売らないでください、
発売されたばかりの服や、需要が高まっているブランドの服でも壊れていると大幅に査定金額が下がります。
広い範囲にわたって壊れていたとしても、できるところまで修復するのがおすすめです。
最近は手芸が苦手な人でも簡単に作業を進められるような、便利グッズが販売されています、

高額で服を売ることを目標にしているなら、そのような便利グッズを使って修復するのがおすすめです。
また、壊れている部分が多い服は、買取を断るお店が多いので注意してください。
修復することで、買取ができるようになります。
自分で修復できる部分は、挑戦しましょう。


このコラムをシェアする